2022.3.16WEDPayPayドーム
福岡ソフトバンク

福岡ソフトバンク

VS

阪神

阪神

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
T
H

戦評/GAME RECAP

 3月16日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと阪神のオープン戦は、6対9で福岡ソフトバンクが敗れた。

 福岡ソフトバンクの先発・松本裕樹投手は初回、四球や2番・糸原健斗選手の安打などで満塁のピンチを招くと、四球で押し出しの1点を与えてしまう。さらに暴投でキャッチャーが後ろに逸らした間に1点、6番・糸井嘉男選手の安打で2点を献上。計4点を失う厳しい立ち上がりとなる。

 悪い流れは断ち切れず、2回表も2者連続の四球でランナーを溜めたところで、4番・佐藤輝明選手に2試合連続の本塁打を被弾。続く3回表も1点を失い、前半だけで点差は8点と、苦しい状況が続いた。

 大差を追う中、4回表に打線が爆発。2番・佐藤直樹選手が二塁打で出塁すると、続く3番・柳田悠岐選手と4番・グラシアル選手の適時二塁打で2点を返す。さらに5番・栗原陵矢選手と松田宣浩選手に本塁打が飛び出し3点を追加。再び四球や安打で2死満塁のチャンスを作ると、佐藤直選手が内野安打を放ち、2点差まで詰め寄った。

 直後の5回表に阪神の5番・坂本誠志郎選手の本塁打で1点を返されるも、リリーフ陣が奮闘し、6回表からは無失点ピッチングが続く。好リリーフに応えたい打線だったが、反撃の糸口をつかめずに、9対6で試合終了。

 先発の松本裕樹投手は3回6安打5四球4奪三振8失点の内容。「全く思うような投球ができなかった。初回からボールを操ることができず、マウンドで修正できなかった。自分の悪い部分が全て出たと思うので、ここから上げていくしかない」と振り返った。打線は4回表に打者一巡で一挙6得点と猛追したが、以降は無得点に終わった。なお、「2番・中堅手」で先発出場した佐藤直選手は3安打1打点をマークしている。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます