2022.3.15TUEPayPayドーム
福岡ソフトバンク

福岡ソフトバンク

VS

阪神

阪神

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
T
H

戦評/GAME RECAP

 3月15日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと阪神のオープン戦は、3対3で引き分けとなった。

 福岡ソフトバンク打線は4回裏、2死1、3塁とこの試合初めてのチャンスを作ると、リチャード選手の打球は左翼席へ。「長谷川コーチと企業秘密の練習をし、いいイメージで打席に入れた」という言葉通りの会心の一発で、3点を先制した。

 一方、先発の石川柊太投手は、1死満塁のピンチを背負った初回を無失点で切り抜けると、2回以降も毎回安打を許しながら粘投を続ける。6回表に糸井嘉男選手にオープン戦第2号ソロを許し、6回96球8安打1四球8奪三振1失点でマウンドを降りた。

 7回表からは、笠谷俊介投手が登板。テンポよく2死を取ったが、マルテ選手に四球を与えると、続く佐藤輝明選手には変化球を右翼席中段へ運ばれ、同点とされた。その後、甲斐野央投手、又吉克樹投手が8回までを無失点でつなぎ、同点のまま試合は最終回へ突入する。

 9回表を森唯斗投手が2安打無失点に抑えて迎えた9回裏。先頭の甲斐拓也選手が四球で出塁すると、牧原大成選手の犠打、今宮健太選手の四球で1死1、2と好機を拡大する。しかし、続く真砂勇介選手が見逃し三振に倒れ、スタートを切っていた二塁走者・谷川原健太選手もアウトに。両軍合わせて21安打の熱戦は、3対3の引き分けに終わった。

 福岡ソフトバンクは、リチャード選手が先制の3ラン。自慢の長打力を発揮し、自身初の開幕スタメンへまた一歩前進した。投手陣では、先発の石川投手が粘りの投球で試合をつくったのに対し、2番手の笠谷投手は2試合連続の失点と苦しい投球が続いている。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます