2022.3.15TUEベルーナドーム
埼玉西武

埼玉西武

VS

北海道日本ハム

北海道日本ハム

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
F
L

戦評/GAME RECAP

 3月15日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と北海道日本ハムのオープン戦は、4対1で埼玉西武が勝利。新名称となった本拠地での初戦を勝利で飾った。

 埼玉西武は2回裏、3四球で2死満塁とすると、押し出し四球で1点を先制。なおも2死満塁から、3番・中村剛也選手が走者一掃の3点適時二塁打を放ち、北海道日本ハム・根本悠楓投手からこの回4点を奪った。

 頼もしい援護を受けた先発の今井達也投手は、4回表に二塁打と四球で無死1、2塁のピンチを背負うも後続を断ち、4回2安打3四球1奪三振無失点の内容でマウンドを降りた。

 以降は増田達至投手、大曲錬投手が無失点でつなぎ、4対0で迎えた7回表は田村伊知郎投手が登板。6番・ヌニエス選手に被弾し、3点差に詰め寄られるも、8回表を宮川哲投手、最終9回表を平井克典投手が3者凡退で締め、4対1で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、今井投手が要所を締める投球で4回無失点に抑えると、打線では中村選手に適時二塁打を含む3安打が生まれた。一方敗れた北海道日本ハムは、先発の根本投手が4回2安打6四球1奪三振4失点と苦戦。打線も計3安打で、ヌニエス選手の一発による1得点のみにとどまった。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます