2022.3.15TUEZOZOマリン
千葉ロッテ

千葉ロッテ

VS

広島

広島

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
C
M

戦評/GAME RECAP

 3月15日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと広島のオープン戦は、10対6で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテの先発は、森遼大朗投手。初回、満塁のピンチから坂倉将吾選手の適時打を浴び、2点を失うも、その後は内外に制球よく投げ分ける投球を見せ、スコアボードに0を並べていく。

 打線は初回、中村奨吾選手の1号ソロで1点を返すと、4回裏には山口航輝選手の適時打で同点に追い付く。さらに5回裏には、マーティン選手が2点適時打を放つと、レアード選手に1号3ラン、佐藤都志也選手に1号ソロが生まれ、8対2とリードを広げた。

 頼もしい援護を受けた森投手だったが、6回表に長野久義選手に適時打を許し、2死2、3塁としたところで降板。続く成田翔投手も、林晃汰選手に2点適時二塁打を許し、7回表には国吉佑樹投手が1失点するも、8回裏には岡大海選手の適時打で2点を追加し、10対6と突き放した。迎えた最終9回表は田中靖洋投手が締めて、試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、中村選手、レアード選手、佐藤選手にそれぞれオープン戦1号が生まれ、11安打10得点と打線が活発だった。また、好調の高部瑛斗選手はこの試合でも2安打を放っている。投手陣では、先発・森投手が、6回途中91球6安打3奪三振2四球5失点も、5回までは2失点で踏ん張り、収穫もあった。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます