2022.3.13SUN京セラD大阪
オリックス

オリックス

VS

中日

中日

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
D
B

戦評/GAME RECAP

 3月13日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと中日のオープン戦は、1対4でオリックスが敗戦。チームの連勝は「4」で止まった。

 オリックスの先発は山崎颯一郎投手。4回表に二塁打と味方の失策で1死3塁のピンチを作り、木下拓哉選手の犠飛で先制を許す。6回表にも1死1、3塁から木下選手に今日2本目の犠飛を浴び、山崎投手は6回2失点でマウンドを降りた。

 一方打線は、相手先発の柳裕也投手の前に、2回裏、5回裏と得点圏に走者を置くもあと1本が出ず、5回まで無得点に。6回裏に紅林弘太郎選手の本塁打で1点を返すも、後が続かず1点差のまま終盤を迎える。

 8回表には、3番手・本田仁海投手が、阿部寿樹選手に2号2ランを被弾。打線は8回裏に、3四死球で無死満塁の好機を得るも無得点、9回裏は3者凡退に倒れて試合終了。

 オリックスは、山崎颯投手が6回4安打4四球3奪三振2失点(自責点1)と粘りの投球を見せ、開幕ローテーション入りに向け結果を残した。打線は後藤駿太選手が2試合連続となるマルチ安打を記録し、好調ぶりをアピール。しかし相手投手陣の前に計6安打1得点、守備面でも4失策を記録し精彩を欠いた。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます