2022.3.13SUNZOZOマリン
千葉ロッテ

千葉ロッテ

VS

埼玉西武

埼玉西武

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
L
M

戦評/GAME RECAP

 3月13日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと埼玉西武のオープン戦は、5対3で埼玉西武が勝利した。

 試合は初回から動く。埼玉西武は先頭の鈴木将平選手が安打で出塁し、1死1塁の場面から中村剛也選手がオープン戦第1号2ランを放ち幸先よく2点を先行した。援護を受けた先発・渡邉勇太朗投手だが、直後の1回裏にマーティン選手に適時二塁打を浴び1点を失う。

 リードを広げたい打線は3回表、1死3塁から外崎修汰選手に2試合連発のオープン戦第4号2ランが飛び出し2点を追加。渡邉投手は4回裏にマーティン選手の適時二塁打、6回裏に守備の乱れで合わせて2点を失ったが、6回5安打3奪三振1四球3失点(自責点2)と先発投手の役割を果たしてリリーフ陣に後を託す。

 7回裏は宮川哲投手が無失点でつなぎ、8回裏を佐々木健投手が抑えると、9回表に2死2塁から鈴木将平選手が適時打を放ちリードを2点とした。9回裏は大曲錬投手が走者を背負ったものの無失点で締め、5対3で試合終了。

 勝利した埼玉西武は中村選手、外崎選手が本塁打、鈴木選手、森友哉選手、岸潤一郎選手もマルチ安打を放つなど10安打。投手陣も要所を締める投球で投打がかみ合った。一方敗れた千葉ロッテは、佐藤奨真投手を筆頭にリリーフ陣が踏ん張ったが、打線にあと一本が出なかった。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます