2022.3.13SUN神宮
東京ヤクルト

東京ヤクルト

VS

福岡ソフトバンク

福岡ソフトバンク

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
H
S

戦評/GAME RECAP

 3月13日、神宮球場で行われた東京ヤクルトと福岡ソフトバンクのオープン戦は、7対5で福岡ソフトバンクが勝利。連敗を「2」で止めた。

 福岡ソフトバンクは初回、野村勇選手の四球、柳田悠岐選手の安打などで無死満塁の好機を得ると、グラシアル選手の適時打に悪送球が絡み2点を先制。さらに栗原陵矢選手の内野ゴロの間に1点、中村晃選手の適時打で1点を挙げ、4点のリードを得た。

 援護を受けた先発の杉山一樹投手だったが、初回に2四球からピンチを招き、村上宗隆選手の2点適時二塁打、濱田太貴選手の適時打で3失点。不安定な立ち上がりだったが2回以降は持ち直し、5回75球3安打4四死球5奪三振3失点(自責点2)の内容で降板した。

 打線は4回表に野村勇選手の適時打、5回表に中村晃選手の内野ゴロの間に、9回表には野村勇選手の1号ソロでそれぞれ1点を追加。投手陣は6回裏に藤井皓哉投手が制球を乱して1失点、8回裏に又吉克樹投手が2安打で1点を失ったが、リードは守り、7対5で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、「1番・二塁」で先発出場したドラフト4位ルーキーの野村勇選手が、本塁打を含む3安打2打点で猛アピール。中村晃選手も2安打2打点を記録するなど、計10安打で7得点を挙げた。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます