2022.3.12SATZOZOマリン
千葉ロッテ

千葉ロッテ

VS

埼玉西武

埼玉西武

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
L
M

戦評/GAME RECAP

 3月12日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと埼玉西武のオープン戦は、4対3で千葉ロッテが勝利。オープン戦の連敗を4で止めた。

 千葉ロッテは初回、先発の小島和哉投手が外崎修汰選手に3号ソロを浴び、立ち上がりに先制点を奪われる。さらに3回表には、外崎選手の適時二塁打、山川穂高選手の適時打でそれぞれ失点を喫し、3回までに3点を失った。

 序盤から追いかける展開となった打線は、初回から走者を出しながらも、得点に結びつけることができず。しかし4回裏、レアード選手がレフトへの適時二塁打を放ち、1点を返すと、続く5回裏にはマーティン選手の適時二塁打も生まれ、1点差まで詰め寄る。

 小島投手は5回を投げ切ったところで降板。6回表は小野郁投手がピンチを招きながらも無失点に抑えると、直後の6回裏に山口航輝選手のバックスクリーンに飛び込む1号ソロで同点に追い付く。さらに7回裏には、岡大海選手が埼玉西武の2番手・増田達至投手の代わり端を捉える左中間への一発を放ち、千葉ロッテが勝ち越しに成功した。

 リードを奪った千葉ロッテは8回表、3番手・西野勇士投手が2死1、2塁のピンチを味方の好守にも助けられて無失点でしのぐと、1点差で迎えた9回表は育成右腕・小沼健太投手がマウンドへ。1番から始まる埼玉西武打線を無失点で締めて、4対3で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発の小島投手が5回99球5安打1四球4奪三振3失点も、リリーフ陣が無失点でつなぎ、勝利を呼び込んだ。4回から4イニング連続で得点を挙げた打線では、岡選手、山口選手、マーティン選手がそれぞれマルチ安打をマークした。

 一方の敗れた埼玉西武は、先発のドラフト1位ルーキー・隅田知一郎投手が6回93球8安打2四球4奪三振3失点の内容。8回裏から登板したドラフト2位ルーキー・佐藤隼輔投手も1回無失点と結果を残した。打線では、外崎修汰選手が先制弾を含む2安打2打点の活躍を見せている。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます