2022.3.12SAT神宮
東京ヤクルト

東京ヤクルト

VS

福岡ソフトバンク

福岡ソフトバンク

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
H
S

戦評/GAME RECAP

 3月12日、神宮球場で行われた東京ヤクルトと福岡ソフトバンクのオープン戦は、11対5で福岡ソフトバンクが敗れた。

 福岡ソフトバンクは初回、2死から柳田悠岐選手の四球、グラシアル選手の安打で1、3塁の好機をつくると、暴投の間に3塁から柳田選手が生還し、思わぬ形で先制に成功する。
 
 援護を受けた福岡ソフトバンクの先発・東浜巨投手だったが、直後の立ち上がり、2死2塁から村上宗隆選手の適時三塁打で追い付かれると、なおも1、3塁から内山壮真選手に適時打を浴び、逆転を許してしまう。

 東浜投手は3回裏にもピンチを招くと、内山選手の適時二塁打を皮切りに5本の適時打を許し、打者12人の猛攻を受けてこの回7失点。4回裏からは2番手に中村亮太投手がマウンドに上がったが、犠飛で失点を喫するなど燕打線の勢いを止められない。

 先制から一転、9点を追いかける展開となった打線は5回表、四球からつくった2死2塁のチャンスから代打・上林誠知選手、柳田選手の適時打で2点を返すと、なおも2死満塁から、松田宣浩選手に2点適時打が生まれ、この回4得点を挙げる。

 追い上げる福岡ソフトバンクは、5回裏を中村亮投手が無失点に抑えると、6回裏は3番手・嘉弥真新也投手が3者凡退に打ち取る。しかし7回裏に森唯斗投手が1点を失い、スコアは11対5に。

 8回裏は津森宥紀投手が2者連続三振を奪う好リリーフを見せるも、打線は、6回以降得点を挙げられず。9回表は東京ヤクルトの6番手・清水昇投手の前に3者凡退で打ち取られ、5対11で試合終了。

 敗れた福岡ソフトバンクは先発の東浜投手が3回93球11安打3四球1奪三振9失点と大乱調。打線では、グラシアル選手が唯一のマルチ安打をマークした。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます