2022.3.11FRIZOZOマリン
千葉ロッテ

千葉ロッテ

VS

埼玉西武

埼玉西武

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
L
M

戦評/GAME RECAP

 3月11日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと埼玉西武のオープン戦は、3対1で埼玉西武が勝利。

 埼玉西武の先発は、開幕投手に決定している高橋光成投手。初回を3者凡退に打ち取ると、続く2回は今季実戦初打席の4番・マーティン選手に二塁打こそ許すも、後続は打ち取り、上々の立ち上がりを見せる。以降も危なげない投球を披露し、5回2安打1四球無失点でマウンドを降りた。

 打線は3回表、ここまで好調の1番・鈴木将平選手がライトスタンドへのソロホームランを放ち1点を先制する。さらに8回表には、4番手の国吉佑樹投手から2番・源田壮亮選手の二塁打や四球などで1死2、3塁のチャンスを作ると、5番・森友哉選手が左中間を破る適時二塁打を放ち、2点を追加。

 3点リードで迎えた8回裏は田村伊知郎投手が藤岡裕大選手の本塁打で1点を失うも、最終9回裏は赤上優人投手が締めて試合終了。埼玉西武が3対1で勝利した。

 勝利した埼玉西武は、外野の座を狙う鈴木将平選手がホームランを含む2安打1打点の活躍で存在感を示した。一方、敗れた千葉ロッテは、今季の巻き返しが期待される二木康太投手が要所を締めるピッチングで6回途中を1失点にまとめる好投。バッターでは、藤岡裕大選手がホームランを放つ活躍をみせたが、チーム合計3安打と低調に終わった。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます