2022.3.11FRI神宮
東京ヤクルト

東京ヤクルト

VS

福岡ソフトバンク

福岡ソフトバンク

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
H
S

戦評/GAME RECAP

 3月11日、神宮球場で行われた東京ヤクルトと福岡ソフトバンクのオープン戦は、3対4で福岡ソフトバンクが敗れた。

 福岡ソフトバンクの先発は千賀滉大投手。初回に塩見泰隆選手の先頭本塁打で1点を失ったが、2回以降は持ち直し、4回2安打2四球4奪三振1失点の内容でマウンドを降りた。

 打線は2回表にグラシアル選手の1号同点ソロで試合を振り出しに戻す。4回表には柳田悠岐選手が1号勝ち越しソロを放ったが、続く5回裏、笠谷俊介投手が塩見選手、山田哲人選手に適時打を浴び、2点を勝ち越された。

 5回裏2死から6回裏を椎野新投手、7回裏を甲斐野央投手が無失点でつなぐと、8回表に敵失策で出塁した走者を3塁に進め、暴投の間に1点を返す。なおも中村晃選手が10球粘った末に四球を選ぶなど2死満塁の好機を得たが、ここは代打・柳町達選手が三振に倒れた。

 続く8回裏は育成・藤井皓哉投手が1安打2奪三振無失点に抑えたが、9回表は3者凡退に終わり3対4で試合終了。2番手・笠谷投手が0.2回4安打2四球1奪三振3失点と課題が残る登板に。打線ではグラシアル選手、栗原陵矢選手が2安打を記録した。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます