2022.3.9WEDPayPayドーム
福岡ソフトバンク

福岡ソフトバンク

VS

巨人

巨人

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
G
H

戦評/GAME RECAP

 3月9日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと巨人のオープン戦は、4対0で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは2回裏、松田宣浩選手、井上朋也選手の連打、甲斐拓也選手の犠打で1死2、3塁の好機を得ると、川瀬晃選手の内野ゴロの間に1点を先制。3回裏には真砂勇介選手、柳田悠岐選手の連打で1点、4回裏にも三森大貴選手の2点適時二塁打で追加点を挙げた。

 一方の投手陣は、先発・松本裕樹投手が5回66球2安打2四球2奪三振無失点の快投を披露。6回表からは大関友久投手が登板し、3者凡退に抑えた。

 打線は7回裏に牧原大成選手の本塁打、8回裏にはリチャード選手の適時打で計2点を追加。7回裏に又吉克樹投手が岡本和真選手の4号ソロで1点を返されたが、以降は嘉弥真新也投手、森唯斗投手がそれぞれ1イニングを3者凡退に抑え、6対1で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、打線が10安打6得点と奮起。投手陣も3安打1失点リレーでつなぎ、引き分けを挟んでオープン戦4連勝を飾った。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます