2022.3.9WED静岡
東北楽天

東北楽天

VS

東京ヤクルト

東京ヤクルト

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
S
E

戦評/GAME RECAP

 3月9日、静岡草薙球場で行われた東北楽天と東京ヤクルトのオープン戦は、3対1で東北楽天が勝利した。

 東北楽天の先発・早川隆久投手は初回、2安打を浴びながらも無失点で切り抜ける。以降は、3回表に3者連続三振を奪うなど徐々に調子を上げていき、4回無失点の内容で降板した。

 打線は2回裏、2死から連打で2、3塁としたが、黒川史陽選手が空振り三振に倒れ無得点に終わる。しかし3回裏、2死2塁から4番・島内宏明選手の適時打で先制に成功した。

 2番手で登板したブセニッツ投手が5回表を3者凡退に抑えると、6回表には酒居知史投手がマウンドへ。テンポよく2死を取ったが、代打・内山壮真選手に同点弾を許し、1対1とされた。

 同点のまま迎えた7回裏、東北楽天は小深田大翔選手の三塁打で1死3塁の絶好機をつくる。俊足の小深田選手は、続く渡邊佳明選手の中飛でタッチアップに成功し、勝ち越しのホームを踏んだ。さらに8回裏、ドラフト2位ルーキー・安田悠馬選手の適時打で1点を追加した。

 9回表は西垣雅矢投手が危なげなく3人で締め、3対1で試合終了。打っては毎回安打、投げては本塁打による1失点のみと、昨日に続いて投打ともに好調ぶりを見せた東北楽天が連勝を飾った。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます