2022.3.8TUE鎌スタ
北海道日本ハム

北海道日本ハム

VS

千葉ロッテ

千葉ロッテ

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
M
F

戦評/GAME RECAP

 3月8日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテのオープン戦は、5対5で引き分けとなった。

 北海道日本ハムの先発は生田目翼投手。2回表に自身のけん制悪送球で先制を許すと、2死1、3塁から岡大海選手に2点適時二塁打、高部瑛斗選手に適時打を浴び、この回4失点。さらに5回表にも中村奨吾選手に適時打を許し、0対5とリードを広げられてしまう。

 千葉ロッテの先発・石川歩投手の前に幾度の好機を活かせなかった打線であったが、5回裏に2番手・古谷拓郎投手から宮田輝星選手が犠飛を放ち、1点を返した。

 6回表からは吉田輝星投手がマウンドへ。毎回走者を背負うものの、要所を締める投球で追加点は許さず。スコアボードに0を並べて試合の流れを引き寄せると、打線もそれに応えた。

 8回裏、代打・ヌニエス選手が二塁打で先陣を切ると、高濱祐仁選手にも安打が飛び出し、1死1、3塁の好機を演出。すると続く清水優心選手に適時二塁打が飛び出し、1点を追加する。なおも2死2、3塁の場面で代打・万波中正選手が4番手・廣畑敦也投手からオープン戦第3号となる同点3ランを放ち、5対5と試合を振り出しに戻す。

 最終9回表にも、吉田投手が登板。1死1、3塁のピンチを迎えたが、池田来翔選手、茶谷健太選手を打ち取り、勝利の権利は渡さない。その直後の9回裏、木村文紀選手、清水選手の安打などで2死満塁と一打サヨナラのチャンスを得たが、梅林優貴選手が倒れて試合終了。5対5の引き分けで終わった。

 北海道日本ハムは、生田目投手が5回81球6安打2四球4奪三振5失点と不安が残る内容に。一方、吉田投手は4回65球6安打1四球1奪三振無失点の力投を披露した。打線は高濱選手が4打数4安打。代打の万波選手が同点弾を放つなど、粘り強さを見せた。

 千葉ロッテは、先発の石川歩投手が4回56球4安打1四球4奪三振無失点の投球。打線も序盤から得点を重ねていたが、3番手の成田翔投手が0.2回3安打3失点など、リリーフ陣が課題を残す試合となった。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます