2022.3.8TUE宇部
福岡ソフトバンク

福岡ソフトバンク

VS

巨人

巨人

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
G
H

戦評/GAME RECAP

 3月8日、ユーピーアールスタジアムで行われた福岡ソフトバンクと巨人のオープン戦は、6対2で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは2回裏、リチャード選手が安打で出塁すると、2死1塁から井上朋也選手がレフトスタンドへの2ランを放ち、序盤から2点を先行する。

 先発の石川柊太投手は、初回に2四球と立ち上がりに制球を乱したが、後続を打ち取り無失点に抑える。2回以降も走者を背負ったが要所を締め、4回2安打4奪三振4四球無失点の投球内容で降板した。

 5回表は田浦文丸投手が登板し、3者凡退に打ち取る。しかし6回表、3番手・杉山一樹投手が1死1,2塁のピンチを招くと、中田翔選手、松原聖弥選手の適時打で2点を失い、同点に追い付かれた。

 だが打線もこのままでは終わらない。直後の6回裏、先頭の高田知季選手が三塁打で好機を演出すると、続く海野隆司選手が適時打を放ち、すぐさま勝ち越しに成功。さらに7回裏、1死満塁の場面から井上選手に走者一掃の適時三塁打が飛び出し、6対2と巨人を突き放した。

 投手陣は、7回表を続投した杉山投手が無失点で抑えると、8回表は笠谷俊介投手が3者凡退でつなぎ、9回表は甲斐野央投手が得点圏に走者を背負いながらも、無失点で締め、6対2で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは井上選手が本日5打点と大暴れ。リチャード選手もマルチ安打、海野隆司選手にも適時打が生まれるなど今季の一軍定着を狙う選手がアピールに成功した。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます