2022.3.8TUE刈谷
中日

中日

VS

オリックス

オリックス

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
B
D

戦評/GAME RECAP

 3月8日、刈谷球場で行われた中日とオリックスのオープン戦は、4対1でオリックスが勝利を収めた。

 オリックスの先発は田嶋大樹投手。初回、2番・岡林勇希選手に内野安打を浴びると、盗塁と暴投で1死3塁のピンチを招き、3番・高橋周平選手の適時打で1点を先制される。田嶋投手は立ち上がりこそ苦戦したが、2回裏以降は3イニング連続で3者凡退に抑える快投を披露。4回2安打無四死球4奪三振1失点の内容で降板した。

 1点を追う打線は6回表、先頭の3番・福田周平選手が四球で出塁、続く杉本裕太郎選手がレフトへ適時二塁打を放ち、同点に追い付く。さらに2死3塁から、7番・来田涼斗選手に適時打が生まれ、勝ち越しに成功した。

 2対1で迎えた7回表は、2番・安達了一選手の安打などで無死1、2塁の好機を得ると、福田選手が初球をセーフティバント。この打球が相手の失策を誘い、二塁走者が一気に生還。なおも1死2、3塁のチャンスで5番・太田椋選手がセンターへ適時打を運び、この回2点を追加した。

 5回裏からマウンドに上がった山岡泰輔投手は、走者を得点圏に背負いながらも本塁は踏ませずに、3.2回5安打6奪三振無失点の好投。8回裏の2死2塁から登板した村西良太投手は、4番・鵜飼航丞選手を左飛に打ち取ると、9回裏はK-鈴木投手が無失点に抑え、4対1で試合終了。

 勝利したオリックスは、田嶋投手が4回1失点と好投すると、後を受けた山岡投手も3.2回無失点。打線も中盤に得た好機を逃さず、逆転勝利を飾った。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます