2022.3.8TUE横浜
横浜DeNA

横浜DeNA

VS

埼玉西武

埼玉西武

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
L
DB

戦評/GAME RECAP

 3月8日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNAと埼玉西武のオープン戦は、2対4で埼玉西武が敗戦した。

 埼玉西武の先発は今井達也投手。初回、柴田竜拓選手の安打などで1死1、2塁のピンチを背負うと、牧秀悟選手、宮崎敏郎選手に連続適時打を浴び、3対0と先制を許してしまう。

 打線は4回表に山川穂高選手のオープン戦初本塁打で1点を返したものの、直後の4回裏に細川成也選手に本塁打を浴びて再び3点差に。今井投手は、6回92球6安打4四球1奪三振4失点と課題の残る登板となった。

 今井投手に代わり7回裏のマウンドに上がったのは増田達至投手。2連打を浴びたが、代打・大田泰示選手を空振り三振に打ち取り、無失点で切り抜ける。8回裏には宮川哲投手が登板し、テンポの良い投球で3者凡退に打ち取った。

 毎回のように走者を出すも好機を活かしきれずにいた打線は、8回表に平沼翔太選手の内野ゴロの間に1点を返し、2点差に詰め寄る。最終回9回表に2死1、2塁と一発逆転のチャンスを得たが、ブランドン選手が内野ゴロに打ち取られ、4対2で試合終了。

 埼玉西武は、先発の今井投手が序盤から失点を重ねて敗戦投手に。打線もつながりに欠け、チームは2連敗となった。なお、鈴木将平選手、山川選手がマルチ安打を記録している。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます