2022.3.6SUNマツダスタジアム
広島

広島

VS

埼玉西武

埼玉西武

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
L
C

戦評/GAME RECAP

 3月6日、マツダスタジアムで行われた広島と埼玉西武のオープン戦は、2対3で埼玉西武が敗れた。

 埼玉西武の先発・渡邉勇太朗投手は初回を3者凡退に打ち取るも、3回裏、連打などで1死満塁のピンチを招くと、味方の失策の間に1点を失う。なおも2死満塁の場面では、押し出しの四球で1点を失うなど、2点のリードを許すも、以降は得点を許さず5回3安打2失点(自責点1)で降板。

 打線は4回まで無安打に抑え込まれていたが、5回表、牧野翔矢選手と愛斗選手の連打などで2死1、3塁の好機を得ると、山村崇嘉選手の適時打で1点を返す。打った山村選手は「何とかしようと思って打席に入りました。ここまで打撃でアピールできていなかったですし、開幕に向けてガンガン振っていきたいと思います」と振り返った。

 さらに8回表、森友哉選手と呉念庭選手の連打で1死1、3塁とすると、渡部健人選手の犠飛で同点に追いつく。しかし続く9回表は、牧野選手の安打などで2死3塁の好機を得るも、あと1本が出ず。同点のまま迎えた最終9回裏だったが、大曲錬投手が磯村嘉孝選手にサヨナラ打を浴び、試合終了。2対3で埼玉西武が敗れた。

 埼玉西武は、先発・渡邉投手が5回3安打3四球2失点(自責点1)に内容。後を受けた中継ぎ陣は、粘りの投球で広島打線を抑え込み、無失点でつなぐも、最終回に大曲投手が痛恨のサヨナラ打を浴びてしまった。打線は、好機であと1本が出なかった。また、呉念庭選手、牧野翔矢選手がマルチ安打をマークしている。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます