2022.3.6SUN札幌ドーム
北海道日本ハム

北海道日本ハム

VS

巨人

巨人

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
G
F

戦評/GAME RECAP

 3月6日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと巨人のオープン戦は、4対1で北海道日本ハムが勝利した。

 試合前に急きょ「ガラポン抽選器」にて決めた打順が、1回裏に早速功を奏す。先頭の郡拓也選手が初球を叩き二塁打で出塁すると、続く2番・万波中正選手も初球を捉え適時二塁打を放ち、わずか2球で先制点を挙げる。さらに3番・王柏融選手にも適時打が生まれ、2点目を追加した。

 北海道日本ハムの先発・宮西尚生投手は1回のみの登板。四球を与えて一死1塁とするものの、続く打者を併殺打に打ち取り、結果打者3人で終えた。2番手の金子千尋投手は、毎回ランナーを背負いながらも要所を抑え、3回無失点。5回に登板した育成の古川侑利投手は3人でしっかりと締めて、反撃の隙を与えない。

 追加点が欲しい中で迎えた5回裏、8番・今川優馬選手に本塁打が飛び出し1点を追加。8回表には、7回から登板した堀瑞輝投手が代打で登場した大城卓三選手に本塁打を許してしまうが、直後の8回裏に万波選手がバックスクリーンに飛び込む本塁打を放ち、流れを渡さない。最終回は望月大希投手が無失点に抑えて、試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、2番手の金子投手が3回3安打4奪三振無失点の内容。3番手の古川侑投手も2回1安打3奪三振無失点と、リリーフ陣が粘り強い投球でリードを守り抜いた。打線では万波選手が猛打賞の活躍。今川選手も1本塁打で勝利に貢献した。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます