2022.3.5SAT札幌ドーム
北海道日本ハム

北海道日本ハム

VS

巨人

巨人

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
G
F

戦評/GAME RECAP

 3月5日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと巨人のオープン戦は、3対0で北海道日本ハムが勝利した。

 若手主体のメンバーで始まった試合は1回裏、早速ルーキーが活躍を見せた。本日オープン戦初出場初打席となった2番・有薗直輝選手が巨人のエース・菅野智之投手のストレートをうまく捉え、初安打を放つ。同じくルーキーの3番・水野達稀選手も二塁打を放ち、1死2、3塁とするが、続くバッターがチャンスを生かせず、惜しくも無得点で攻撃を終えた。

 北海道日本ハムの先発は、河野竜生投手。初回は四球でランナーを出すも、鋭いけん制でアウトに。2回以降は3イニング連続で3者凡退に切る見事なピッチングを見せる。5回には巨人・大城卓三選手と増田陸選手に連打を浴びたが、最後はフライに打ち取り無失点で切り抜けた。

 試合が動いたのは5回裏、7番・淺間大基選手が二塁打で出塁すると、8番・細川凌平選手のフライでタッチアップし3塁へ。さらに相手悪送球の間に本塁へ生還し、先制点を挙げた。

 1点差のまま迎えた後半8回裏、9番・宇佐見真吾選手が相手のエラーで出塁すると、代打で登場した万波中正選手の二塁打で2、3塁に。すると、ここぞの場面で3番・水野選手が適時打を放って2点を追加し、リードを広げる。最終回は長谷川威展投手が登板し、しっかり抑えて試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、先発の河野投手が5回2安打2奪三振1四球無失点の素晴らしい内容。続く上沢直之投手も3回無安打4奪三振無失点と安定したピッチングを見せた。打線では水野選手が2安打2打点と大活躍。若手もチームの勝利に貢献した。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます