2022.3.5SAT甲子園
阪神

阪神

VS

東北楽天

東北楽天

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
E
T

戦評/GAME RECAP

 3月5日、甲子園で行われた阪神と東北楽天のオープン戦は、8対2で東北楽天が勝利した。

 東北楽天は初回、先頭の小深田大翔選手、2番・鈴木大地選手の連打を皮切りに無死満塁のチャンスを得ると、4番・渡邊佳明選手の高く弾んだ打球が野選を誘い、先制に成功。さらに続く銀次選手の適時打と押し出し四球でも得点を重ね、阪神先発・藤浪晋太郎投手から3点を奪う。

 リードする東北楽天打線は3回表、無死1塁から6番・小郷裕哉選手に右中間への適時三塁打が生まれると、8番・黒川史陽選手の適時打も飛び出し、この回さらに2点を追加した。

 序盤から援護を受けた東北楽天の先発・岸孝之投手は持ち味の緩急を生かした投球を披露する。2回裏は味方の失策と四球で背負ったピンチを無失点に切り抜けると、3回裏、4回裏はそれぞれ3者凡退。岸投手は4回を投げて61球1安打2奪三振1四球無失点の好投でマウンドを降りた。

 5回裏は2番手・松井裕樹投手が2者連続三振を含む3者凡退の好リリーフを見せると、直後の6回表には1死から連打でつくった1、2塁のチャンスで、山崎剛選手がレフトへの適時三塁打を放ち、リードは7点に。

 6回裏は安樂智大投手が無失点で抑えると、7回表には内野ゴロの間に1点を追加。7回裏は渡邊佑樹投手が打たせて取る投球で3者凡退とする。8回裏には西口直人投手が2点を失うも、リードする展開は変わらず。6点差で迎えた9回裏は弓削隼人投手が締めて、8対2で試合終了。

 勝利した東北楽天は先発の岸投手が開幕に向けて順調な調整具合を見せた。スタメンで左打者が8人並んだ打線では鈴木選手、銀次選手のベテラン勢がマルチ安打をマーク。途中出場となった和田恋選手も2安打を放ち、開幕に向けてアピールに成功した。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます