2022.3.3THU東京ドーム
巨人

巨人

VS

埼玉西武

埼玉西武

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
L
G

戦評/GAME RECAP

 3月3日、東京ドームで行われた巨人と埼玉西武のオープン戦は、0対5で埼玉西武が敗れた。

 埼玉西武は1回表、2つの四球とピッチャー強襲の内野安打で無死満塁のチャンスをつくるも、後続が三振とフライに打ち取られ無得点。先発・高橋光成投手は初回に先頭打者の丸佳浩選手に本塁打を浴び、先制を許してしまう。さらに4番・岡本和真選手にも2試合連続となるバックスクリーン弾を浴びるなど、苦しい立ち上がりとなった。

 なんとか追い付きたい打線だったが、トミー・ジョン手術を終えて復帰した巨人の先発・山崎伊織投手や2番手・メルセデス投手の好投に、なかなか反撃の機会を作れず。6回裏にはこの回から登板した與座海人投手が、またしても岡本選手とウィーラー選手に本塁打を許し、点差を広げられた。

 9回表にはブランドン選手が内野安打、柘植世那選手が左安打で出塁するも、一度もホームベースを踏めないまま試合終了。

 勝利した巨人は4本塁打が生まれ、開幕に向けて強烈なインパクトを残した。対する埼玉西武は打線が振るわず4安打無得点。開幕投手に内定している高橋光成投手は、2回以降立て直したが、4回3安打2本塁打1奪三振2与四球2失点と立ち上がりの部分でやや課題を残す投球となった。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます