2022.3.2WED札幌ドーム
北海道日本ハム

北海道日本ハム

VS

東京ヤクルト

東京ヤクルト

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
S
F

戦評/GAME RECAP

 3月2日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと東京ヤクルトのオープン戦は、1対0で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムの先発は加藤貴之投手。初回に1死1、2塁といきなりの窮地を迎えたが、村上宗隆選手、サンタナ選手を2者連続三振に打ち取り無失点で切り抜ける。以降も3回表、4回表と走者を置く苦しい投球ながら、本塁は踏ませず。4回61球6安打無失点の粘投で、2番手の伊藤大海投手へつないだ。

 先制点が欲しい打線だったが、東京ヤクルトの小川泰弘投手、金久保優斗投手のリレーの前に6回までを無安打に抑え込まれてしまう。一方、5回表からマウンドに上がった伊藤投手も無失点投球を続け、相手に流れを渡さない。

 投手戦が続く中、均衡を破ったのは北海道日本ハムだった。7回裏、代打・近藤健介選手が四球で出塁すると、遊ゴロで一塁走者となった石井一成選手がすかさず盗塁を決め、1死2塁とする。続く細川凌平選手の犠打で2死3塁とした場面で、打席には5番・佐藤龍世選手。チーム初安打が適時二塁打となり、待望の先制点を奪った。

 リードを奪った8回表からは吉田輝星投手が登板。9回表に安打と2四球で2死満塁と絶体絶命のピンチを背負ったが、荒木貴裕選手を三ゴロに仕留め、1対0のまま試合終了。

 北海道日本ハムは、佐藤龍世選手が放ったチーム唯一の安打が適時打に。相手投手陣に終始抑え込まれながらも、好機を逃さず勝利をつかみ取った。投手陣も、8安打3四球ながら何とか無失点でしのぐ完封リレーで1点を守り抜いた。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます