2022.3.2WED京セラD大阪
オリックス

オリックス

VS

千葉ロッテ

千葉ロッテ

オープン戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
M
B

戦評/GAME RECAP

 3月2日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテのオープン戦は、4対1で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテ先発の美馬学投手は初回、渡部遼人選手の四球、池田陵真選手の安打でピンチを招くと、杉本裕太郎選手の適時二塁打で1失点。立ち上がりにつかまったが、2回以降は2イニング連続で3者凡退に抑え、3回2安打1四球2奪三振1失点の内容で降板した。

 打線は4回表、山口航輝選手の安打と敵失策で好機を得ると、田村龍弘選手の適時打で同点に追い付き、高部瑛斗選手の犠飛で勝ち越しに成功。6回表には2死1塁から岡大海選手、高部選手に連続適時打が生まれ、4対1とリードを3点に広げた。

 4回裏からは八木彬投手、山本大貴投手、成田翔投手がそれぞれ1イニングを無失点でつなぐと、7回裏からは岩下大輝投手が登板。2イニング連続で満塁のピンチを招いたが、得点は許さずにつなぎ、9回裏は鈴木昭汰投手が締めて試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、今季実戦初登板の美馬投手が3回1失点投球、リリーフ陣は6イニングを無失点でつないだ。打線では藤原恭大選手が2安打、高部選手が1安打2打点を記録している。

 一方敗れたオリックスは、先発・山崎福也投手が3回3安打1四球1奪三振無失点も、山岡泰輔投手は3回5安打2四球4失点(自責点2)とつかまった。7回表から登板したバルガス投手は3回1安打1四球2奪三振無失点の好投を披露。打線は終盤の好機を生かせず、7安打1得点に終わった。

暫定的な途中結果データであり、最終的に更新される場合もございます